2016年03月21日

2016年3月

3/20:APARTの学術講演会に出席、シンポジウム1では、1.PLCζとCa oscillationについて、マウスでは振動数が発育に影響する。人では頭部にPLCζが存在し、遺伝子レベルで500番目の変異アミノ酸の変異が報告されていて卵活性化が起こりにくくICSIでの低受精率の原因となりうる。Caイオノフォア・電気刺激ではOscillationは起こせないが、ストロンチウムは起こせる。2.3は1step,2step mediumの比較では1step mediumの方が発育が早く、胚盤胞到達率よさそうだが、妊娠成績は変わらない。39才以下、40才以上でも変わらない。浸透圧上昇、オイルの酸化が懸念されるもday3でmedium changeしても変わらず、培養士の負担が減り取り替え違いのリスクが減るとの発表であった。当院でも同様の印象で発育が早く4日目での胚盤胞到達多めと感じている。4はライブセルイメージングで老化マウスの第一減数分裂の綺麗な染色体早期分離の映像を見せていただいた。老化すると極端な伸展が起こり耐えきれずに分離する。人でも同様のことが示唆されているといずれも興味深い発表であった。
【日記の最新記事】
posted by kl at 16:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: